ユニバーサルホームで家を建てることに。 家が建つまでの経過を日記書いていこうかな、と。 住宅設備やオプション、価格等について、調べていった事を他の方にもお裾分けできるよう頑張ります♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンクリ直貼りの床

もうGWも終わりですね。
振り返ると、バタバタしっぱなしで、あまり休暇になってないような…(^^;
皆さんは如何お過ごしだったでしょうか…?

さて、今回は他のHMではあまりない、ユニバーサルホームの特殊なところを簡単に紹介します。
にほんブログ村 住まいブログへいつも応援ありがとうございます♪
徐々にランキングが落ち込んで参りました…(-_-;
是非とも! 応援! よろしくお願いします!
まずはポチッと…
合わせてこちら(ブログランキング)もお願いします♪

これまでにも、何度か書いていたと思いますが、ユニバーサルホームでは基礎が逆ベタ基礎の形となっており、表面的には1階の床下がなく表面全てがコンクリとなっています。

基礎完了2
こ~んな感じになってますからね♪

さて、床下がないところにフローリングの床板をどうやって付けるのか?
答えは、直貼りです。

コンクリート用の接着剤を用いて、このコンクリ表面へ直接貼込んでいくわけですね。(まだ実際には見ていませんが、そう聞いています…)

特徴としては… 通常、床下があることで微妙にたわんで吸収される、床に対する力がそのまま返ってきます。
要するに、堅いんです。(^^;

よくユニバのモデルハウスを見学した感想とかで、「床が堅い」、「こけたら頭が割れそう」とかいった批判を耳にしたりする事がありますが、まぁ人によっては気になって受け入れられないかもしれません。
営業さん達も、その点は結構気にされているようで、モデルハウスで初めて見学した際も、床の堅さについて事前に断りを頂いていました。

とはいえ、私の個人的な意見としては、確かに堅いとは思うけど絶対嫌と言うほどでもないと感じています。(だからこそ契約しているわけですがw)

むしろ、床下がない分、音が反響せずに済むので子供達がドタバタうるさく走り回る音が気にならなくなるのはメリットの1つと考えているくらいです♪
この辺は、考え方や捉え方次第なので、もしちょっとでも気になる方は実際にモデルハウスで確認してみる事をお勧めします。
是非、飛んだり跳ねたりもして色々試してみて下さい。(笑)

そんな堅い床の1階フローリングですが、多少なりともショックを吸収する工夫はされています。
それが、このフローリング床です。

フローリング板
どかっと搬入されてきました。
丁度、搬入タイミングに居合わせたのですが、もう帰るところだったのでとりあえず写真だけ…(笑)
1階はタイル部分を除いて全て、このフローリング床が使用されます。

フローリング床板1
翌日、確認のためか一番上の箱だけ開いていました。
これ幸いと、板をちょっと引き出して見てみたところ、フローリング板の裏側にこんなゴムが付いていました。
これにより、多少なりともショックを吸収するわけですね♪
触ってみると、弾力の強い感じのゴムでした。

フローリング床板2
ゴムの厚みを測ってみると、2mmの厚み。
これがどの程度有効に効いてくれるのかは判りませんが、少なくとも有ると無しでは相当違うだろうとは思います。(^^;
多分、もっと厚みのある製品もあるとは思いますが、あまり厚くすると床暖房の熱が伝わりにくくなるとかいう話を営業さんから聞いた気がしますので、その辺も考慮に入れた選択となっているとは思います。

他、2階と1階のフローリング板が違う事にちょっと驚きました。
2階の方が先にフローリング作業を終えていたのですが、2階は何枚かの板がくっついた感じの板部材を組み合わせていたんですね。
ちゃんとしたサイズは測ってませんが、300x600程度の大きさだった気がします。

これに対し、1階のフローリング板(↑写真のやつ)は、一枚一枚の板をちゃんと貼付けるタイプとなっています。
こちらの方が、仕上がりは綺麗にできるでしょうね♪

2階の方が簡易的なフローリングを使用されているので、もし気になる方がおられたら事前に確認し、変更を依頼した方が良いかと思いますよ。

ちなみに、棟梁と話していたら、2階の床板は1階の床板6枚分くらいを1枚に合わせたものなので、2階は結構速く貼り終える事ができると聞きました。
逆に言うと、これからの1階床板はちまちま付けていく事になるので時間は食うという事ですね。(^^;
面倒でしょうけど、よろしくお願いします♪

忘れずこちら(ブログランキング)も応援クリック… お願いします!


スポンサーサイト
コメント
・・・

勝手に梱包を開けて・・・

物を引きずり出して・・・

ゴムッっとした部分の厚みなんか計ったりしてもいいんですか???
2007/05/06(日) 09:13 | URL | あつきちしお #-[ 編集]
ちしおさん…

いやいや、勝手に開けたりはしてないですよ。
「開いてました」って書いてるでしょ♪(^-^)
2007/05/06(日) 10:30 | URL | miya244 #-[ 編集]
へぇー、いろんな工法があるんだなぁ
逆ベタ基礎、フローリング直貼り・・・
勉強になりました^^ Wぽち
2007/05/06(日) 12:27 | URL | リックルハング #-[ 編集]
リックルハングさん、あまりメジャーではない工法のようですからね。(^^;

話のネタくらいにはなるんじゃないでしょうか。(笑)
2007/05/06(日) 20:13 | URL | miya244 #-[ 編集]
 サヤ管ヘッダーの件ですが、我が家は外側に配置するとの事でした。
2階のフロアー材は、イクタというメーカーのクリアバーチで、表面が桜の木目の、薄いピンク色で、一枚・一枚貼るやつでした契約の時に、オネダリして標準品と同じ価格にしてもらったです
ALCの場合外の音は小さいけど、内側の音は響くってきいて、
我が家は、ワンパク小僧が集まるので、コンパネとフローリングの間に消音性のある?ボードをいれました。これってそれなりの
効果あるかわかりませんが、出来てからのお楽しみですかね。
2007/05/06(日) 20:55 | URL | arthur #-[ 編集]
直張りってどうなんだろうと思っていたら
ゴムが貼り付けてあるんですね~。

うちはそのつながったフローリングです(笑)
2007/05/07(月) 01:02 | URL | たくじろう #-[ 編集]
arthurさん、サヤ管ヘッダーは外に出す仕様になっていたんですね。

2階のフロアー材を同じ価格でやってもらえたのは良かったですねぇ。(^-^)
しかも防音性のあるものとは…(笑)

私はモデルハウスで、2階に子供を行かせて暴れてもらい、1階での音チェックをして(今の家と比べて)音が気にならなかった事もあって何の対策もしてません。
実際、住んでからどう感じるかは不明ですが…(^^;

2007/05/07(月) 07:59 | URL | miya244 #-[ 編集]
たくじろうさん、こんな感じのフローリングでした♪(笑)

また、たくじろうさん宅は繋がったフローリングでしたか…
ここって、皆さんどの程度拘るもんなんでしょうかねぇ。(^^;
2007/05/07(月) 08:12 | URL | miya244 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
住まいのコミュニティサイト House Park SNS(通称:Howpa)

ブログランキング

ランキングに登録しています。
励みになりますので、応援頂ける方は
バナーをクリック願います。
できれば両方♪(*^_^*)
にほんブログ村 住まいブログへ

検索フォーム
プロフィール

miya244

Author:miya244
勘と勢いで新築を目指すうつけ者です。
この行動が吉と出るか凶と出るか・・・

FC2カウンター
ブログスカウター

お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
リンク
こんなんどう?
月別アーカイブ
タグリスト

床暖房 フラット35 ICAS 高品質塗料 LAN配線 血液 リフォーム エコヌクールピコ 外構 子供部屋 指紋認証 電力線通信 間仕切り 

RSSフィード
なかのひと
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。