ユニバーサルホームで家を建てることに。 家が建つまでの経過を日記書いていこうかな、と。 住宅設備やオプション、価格等について、調べていった事を他の方にもお裾分けできるよう頑張ります♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我が家のネットワーク

お久しぶりでございます♪
またまた、めっきりブログ更新から遠のいていました。(^^;

今回は、我が家のネットワークをどういう風に設計したかについて、書いてみようと思います。
にほんブログ村 住まいブログへいつも応援ありがとうございます♪
ポチッとクリックしていってくれると「やる気」に繋がります。
応援がてら住まいブログ人気ブログランキングをポチしてって下さい♪

久々にブログを書こうとしてランキングを見てみると、細々ながらも毎日ポチしていってくれている方がおられます。
本当に、ありがとうございます♪ m(_ _)m

ネタは溜まってるのですが、どうにも忙しくてブログ書く時間が取れません…
早く仕事を終わらせて、定期的に書けるようにしたいものです。(^^;

さて、そろそろ今日の本題へ。

皆さん、新居ではLAN配線ってどのようにされているでしょうか?
趣味でPC触っていてよく知っている方が家に居れば良いのですが、そうでない方も多いかと思われます。
なので、1つのサンプルとして、うちの配線がどうなっているかが参考になればと…(^-^)

まず、うちはCATVネットワークを採用しますので、いきなり一般的な方のネットワークとは異なるかもしれませんが、我が家の場合は下図のようになっています。
家のネットワーク図(修正版) ちょっと間違っていたので修正しました。(^^;
(クリックすると大きくなります)

簡単に解説しますと、外部からの配線としてCATV局からケーブルが入ります。
そのケーブルは、屋根裏で分配されて各部屋に伸びています。
図中では、2Fに2本、1Fに2本となっていますが、実際には2Fに3本(予定するTVの数だけ)、1Fに3本(予定するTVの数+ケーブルモデム接続分)を用意してあります。

ちょっと特殊に見えるのが、1Fに伸びるTV線の1つで、ケーブルモデムに繋がる線ですね。
CATVネットワークでは、TV用の線にTVの情報とインターネット用の情報が一緒になっています。
それをインターネット用のやりとりだけ抜出して処理できるようにしてあるのがケーブルモデムという機器ですね。
ちなみに、光ネットの場合も似た感じになります。
ケーブル線ではなく、光配線で宅内に入ってきて、それをケーブルモデムの変わりに光端末装置(PON)という装置を経由してLAN配線に置換えます。

このように、新居で契約するインターネット配線の種類に応じて、事前に新居の配線を考慮しておくと、ネットワークインフラの構築がし易くなります。
もし、希望のプロバイダや配線種類があるようなら、それをHMに伝えておくとHM側でも配線計画をし易くなると思いますよ♪

さて、うちは家庭内LANの配線も屋根裏の1箇所にまず集約してから各部屋に伸びるよう配線されています。
なので、先のケーブルモデムから出ているLAN配線を壁のLANコネクタに接続し、まずは屋根裏に設置したスイッチングHUBに繋ぎます。
そして、スイッチングHUBから各部屋にLAN配線が伸びていく感じですね。

他、事前に検討しておいた方が良い点としては、どれだけのLANコネクタを用意しておくか?という点ですね。
従来で考えると、考えられるPC設置数の分という事になるでしょうが、今後を考えるとTV用にも1つ欲しいところです。
昨今のデジタル放送対応によって、TVとインターネットの親和性も今後益々高まっていく事でしょう。
そうなると、TVにインターネットへ繋がるLAN配線を接続しないと、満足いくサービスを享受できないようになるかもしれません。
新居に住まう年数を考えると、その辺も検討に入れておいた方が懸命かと思いますので、現在又は今後検討予定の方は是非とも考えてみて下さい♪

他、私が個人的にお勧めできるのが無線LANの導入です。
ノートPCや無線LANアダプタといった機器があって初めて活きるものですが、有線よりも使い勝手が良い為、LANコネクタを近くに用意できていないところや、持ち運びする事が考えられる機器があるようなら是非導入を検討してみて下さい。
但し、(噂では)鉄骨住宅等では無線LANは電波が伝わりにくいと聞きますので、家の構造を考えた上で導入された方が良いかと思います。(^^;

ネットワークと言えば、最近ではPLCアダプタを利用したものもありますが、結構電気配線に左右されるそうです。
もし家庭内LANの構築を新居に合わせて検討中なのであれば、PLCに依存するよりも有線LANを用意する事をお勧めします。
速度も安定性も確実ですので…(^^;

ただ、今既にお住まいの住居で、今からLAN環境を構築するという方には、無線LANやPLCによるLAN構築が考えられるでしょうね。
有線LANを後から用意するのは、結構骨が折れる作業となるでしょうから…

とりあえず、ざくっと我が家のネットワーク環境等について書いてみました。
これ以外にも、もし気になる事があるようでしたらブログコメントででも頂けたら可能な範囲で回答差上げます♪

忘れず人気ブログランキング住まいブログの応援クリック…
お願いします!


スポンサーサイト
コメント
はじめまして、ネットサーフィンしていたらたどりついたので^^
LANの接続って悩みますね。無線の速度も年々向上してますからね^^

今電源コンセントに差し込んでLANが構築できるタイプがあるようです。

速度を優先すると有線LANなんですけどね^^
2007/07/23(月) 11:03 | URL | 夢を叶える営業マン #Oo7e8dOA[ 編集]
夢を叶える営業マンさん、初めまして♪

LAN構築も、拘りだしたらキリが無いですからね…(^^;
それでも10年先、20年先にどのようになっているかは、誰にもわかりませんので、とにかく現状の用途に支障をきたさない程度のものであれば問題ないかと思います。

ちなみに、PLCアダプタを利用するものが電源コンセントに差込むタイプとなります。
2007/07/23(月) 14:59 | URL | miya244 #-[ 編集]
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

LANのレス

手術室、集中治療室などの電源コンセントには接続しないでください。本製品の高周波信号が、医療電気機器に影響を及ぼすことがあり、誤動作による事故の原因となることがあります。本製品の使用により、近傍の無線設備に継続的かつ重大な妨害が発生する時は、妨害を除去する
住まいのコミュニティサイト House Park SNS(通称:Howpa)

ブログランキング

ランキングに登録しています。
励みになりますので、応援頂ける方は
バナーをクリック願います。
できれば両方♪(*^_^*)
にほんブログ村 住まいブログへ

検索フォーム
プロフィール

miya244

Author:miya244
勘と勢いで新築を目指すうつけ者です。
この行動が吉と出るか凶と出るか・・・

FC2カウンター
ブログスカウター

お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
リンク
こんなんどう?
月別アーカイブ
タグリスト

床暖房 フラット35 ICAS 高品質塗料 LAN配線 血液 リフォーム エコヌクールピコ 外構 子供部屋 指紋認証 電力線通信 間仕切り 

RSSフィード
なかのひと
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。