ユニバーサルホームで家を建てることに。 家が建つまでの経過を日記書いていこうかな、と。 住宅設備やオプション、価格等について、調べていった事を他の方にもお裾分けできるよう頑張ります♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手術当日(その2 手術台とその後)

手術当日について、前回からの続きです♪

手術台の上~家に帰ってからの当日状況について書いていきます。
手術室に入る手前で、「フラップを作成してからは、歩いて移動してレーザーを当てる部屋に移動します。」と説明を受けます。
そして、いざフラップ作成に!

最初の手術室への移動時、看護師さんに介添えされて部屋から出て行く人とすれ違います。
「あぁ、こんな風によく見えない中を歩いて移動するんやな~」と、思いながら手術室へ。

部屋には数人のスタッフと、大きな機械の横に診察台がありますが、既にメガネは無いのでどんなものかは全く分かりません。(笑)

手術台に寝かされ、最終確認として生年月日の確認を受けます。
確かに名前と生年月日を確認しておけば、患者を間違えるリスクは実質無いでしょうね。

そこから、瞼を閉じられないよう「なんか」入れられます。(^^;
イントラレーシックでは、フラップ作成もレーザーで行いますが、正直やられてる間はもう何がなんだか…
とにかく、白い光が円状に並んでいるのですが、「白い光を見て」って指示を受けるものの対象の光はいっぱい…
「目が上の方向いているので、もう少し下を見て下さいね~」って言われるのですが、「それなら光の位置をもう少し絞ってくれ」って(心の中でw)突っ込みます。

この時、とにかく眼球を強く押さえつけられる感じで、心理的にかなり焦ります。
見ろと言われる光も見えなくなったりするし…
でも、途中で医師が「大丈夫、順調ですよ。綺麗にできてますよ。」と言うのが聞こえて、少なくともおかしなことにはなっていないと安堵。(^^;

診察台を降り、次の部屋に移動するわけですが、この時も一応目は見えているようです。
視界はかなり白っぽく濁っているのですが、歩く分には問題なし。(薄いガーゼを目の前に付けている感じと言えば想像つくでしょうか?)
少なくとも私は、看護師さんの介添えも不要な程度には普通でした。(笑)

コンチェルトレーザーの部屋は少し混み合っていたのか、部屋の前のベンチに2人ほど座って待っています。
私もそこに座り、目を閉じて待っているよう指示されました。

そこから少し… 5~10分待った気がしますが、ようやく次の手術室へ。
最初に入った部屋と同じように、大きな機械と診察台が見えます。
同じく横になって頭の位置を合わせ、今度は瞼の上下をテープで固定しているようでした。

そこからは… 緑の光(LEDのような小さな光)を見ているように言われるものの、他に赤い光やレーザーの音、見えにくくなる視界に焦ります…
ある程度、体験談とかを見て覚悟はしていたつもりですが、「大丈夫、問題ない」と思考する理性に反して、目の動きがコントロールできない感じ。(^^;

「緑の光を見て、目をじっとしていて下さいね~」
と言われながらも、それがなかなか…

そうこうするうちに、右→左と両目のレーザー照射も終了し、診察台から降ります。
「少し白くもやがかっていますが、もう見えると思いますよ。」
と言われ、見てみると確かに見える!
白っぽいだけで、輪郭がハッキリ見えているのは確かです。コンタクトを付けているような感じですね。

その場ですぐ医師から目のチェックを受け、問題なく綺麗にできていると告げられます。

ようやく手術終了♪
ここから、少し休むのかな~と思っていると、渡される点眼薬等の説明を受けて預けた荷物を受け取った後は、すぐ帰れ~って感じ。(^^;
(同じ医院じゃなかったかもしれませんが)体験談なんかには、ここから少し目を閉じて休憩するとかあったので、少し意外でした。

外へ出ても相変わらず白っぽく見えはしますが、普通に見えるので歩くのにも影響は無し♪
快調に電車へ乗る事もできました。

ただ… そこから電車を乗り継いで帰る途中、段々と眼…というか、眼球自体が熱くなるような感じがしてきます。
「麻酔が切れてきたのかな…?」と思いながらも、時間とともに徐々にひどくなっていきます。

正直、痛みとしてはそう大した事はないのですが、何しろ目を開けるのが辛い…
目を開けていられないし、涙はボロボロと出るので、極力目を閉じたまま帰りました。(^^;

そう思うと、医院をサッサと追い出されて本当に良かったと思えますね。
あそこで休憩していたとしたら、まともに目を開けられない状態のまま、人混みの中、駅を探して彷徨わなければいけない事に…(^^;
もし、これから受けられる方がいれば、誰かに車で待機しておいてもらえると安心でしょうね♪
最寄りの駅からは、嫁が迎えに来てくれていたので家までは安心でした。(^-^)

家に帰ってから貰った鎮痛剤を1錠飲み、目を閉じて横になって寝ようと思うのですが…
やはり目が気になってなかなか寝られません。(^^;
1時間ほど経っても落ち着かないので、鎮痛剤をもう1錠服用。
そこから30分ほどで薬が効いてきたのか、気付いたら寝ていました。

起きてみると、目の疼き(先に熱いと書いていた感覚)はなく、少し白っぽく見える事を除いては割と普通に見えます。
見え方としては、コンタクトレンズを付けているのと同じような感じでしたね。
暗くなってから、近くの街灯を見ると普段見ていたよりも光がぼんやり見える感じがしましたが、これが手術で出るようになるハロなんでしょう。
TVを見ても、光がぼんやりにじむ感じがありましたが、まぁ徐々にマシになっていく事でしょう♪

結局、これ以降に目の疼きを感じる事はなかったので、だいたい術後3時間くらいがキツイ程度じゃないでしょうか?
勿論、個人差はあるでしょうから一概には言えませんが…(^^;

手術時と術後3時間は多少我慢が必要ですが、それ以外は良い感じですね♪
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
住まいのコミュニティサイト House Park SNS(通称:Howpa)

ブログランキング

ランキングに登録しています。
励みになりますので、応援頂ける方は
バナーをクリック願います。
できれば両方♪(*^_^*)
にほんブログ村 住まいブログへ

検索フォーム
プロフィール

miya244

Author:miya244
勘と勢いで新築を目指すうつけ者です。
この行動が吉と出るか凶と出るか・・・

FC2カウンター
ブログスカウター

お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
リンク
こんなんどう?
月別アーカイブ
タグリスト

床暖房 フラット35 ICAS 高品質塗料 LAN配線 血液 リフォーム エコヌクールピコ 外構 子供部屋 指紋認証 電力線通信 間仕切り 

RSSフィード
なかのひと
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。