ユニバーサルホームで家を建てることに。 家が建つまでの経過を日記書いていこうかな、と。 住宅設備やオプション、価格等について、調べていった事を他の方にもお裾分けできるよう頑張ります♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家庭の消費電力

少し前にモデルハウスを覗いた際、ソーラーシステム設備を持つ住宅で消費電力と充電電力を表示するパネルが設置されており、消費電力がリアルタイムで見えるのは面白いなぁと思っていました。
モデルハウスでも、説明員に「こういうパネルって一般にあるの?」って聞いていたのですが、「うちではソーラーシステム設置なしでもオプションで付ける事はできますよ」との回答。
「普通、住宅建設時点でつける事はできても、その後取付ける事はできない」とも聞きました。
が、そんな事はないだろうと調べてみたところ、幾つかそれっぽいものが見つかりました。
ネット上で見つけただけで、具体的に設置するとかの段階ではないですが、とりあえずその結果だけお知らせします。

探していたのは、分電盤に機器を繋ぐことで家庭で消費する電力表示ができるものです。
リアルタイム消費電力、消費電力の統計が見られれば十分だと考えていました。

●ワットアワーメーター
見た目、非常に簡易的な装置ですが以下の情報を確認できます。
 ・リアルタイムの使用電力表示
 ・リアルタイムでの消費電力を1ヶ月利用した場合の電力量換算表示
 ・測定開始時点からの積算電力量、電気料金、CO2排出量の表示
 ※但し、60Aまでの対応となるようです。
価格は、\38,800
詳細はこちらを参照。
こちらで取り扱っているようです。
NTT ATでも取り扱っているようだったのですが、購入サイトの一覧には該当製品がなく、販売しているのかしてないのかよくわかりませんでした。

●省電力ナビ
モデルハウスで見た感じに似ているものです。情報としても、色々確認できるようです。
 ・計測した電気使用量を保存
  計測情報を過去1年分。月単位情報なら過去2年分。
 ・目標使用量の設定と警告表示
  目標使用量を設定しておくと、それを超えた際に画面表示で警告。
 ・電気料金のリアルタイム表示
 ・電気使用量のグラフ表示   時間別、曜日別、月間日別、年間月別の使用電力量。
  目標使用量と実績を比較した省エネ率。
 ※150Aまでの制限となるようです。
価格は、無線式で\37,275。有線式で\46,200
詳細はこちらを参照。

●PME-07,15,30
見た目、手作りっぽい無骨な感じのものです。
あまり機能はなさそうですが、パソコンとのI/Fも持っているようで、パソコン側でデータを集積すれば色々と細かな情報を処理することができそうです。
 ・リアルタイム消費電力を基に1時間あたりの電気料金に換算
 ・1秒毎の積算で、積算電力と積算電気料金の表示
  (積算電気料金が5桁を超えるとどうなるか疑問ですが…)
詳細はこちらを参照。

実は他にも似たものがあるかもしれませんが、多量の検索結果から幾つかピックアップしたものが上記3つの製品です。
ちなみに、モデルハウスで見たのはこちらです。

付けるとすれば、2つ目の「省電力ナビ」かなぁ。
この名前で調べればすぐにわかりますが、この製品は結構利用されているようなので、安心感もあります。自治体等での省エネ対策の一環でも利用されているようです。
住んでいる地域によっては、地方自治体から貸与してもらえたり、モニター(情報提供)として安価(無料?)に付けられたりするかもしれないので、興味のある方は是非調べてみて下さい。


現在のランキングはこちらにほんブログ村 住まいブログへ


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
住まいのコミュニティサイト House Park SNS(通称:Howpa)

ブログランキング

ランキングに登録しています。
励みになりますので、応援頂ける方は
バナーをクリック願います。
できれば両方♪(*^_^*)
にほんブログ村 住まいブログへ

検索フォーム
プロフィール

miya244

Author:miya244
勘と勢いで新築を目指すうつけ者です。
この行動が吉と出るか凶と出るか・・・

FC2カウンター
ブログスカウター

お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
リンク
こんなんどう?
月別アーカイブ
タグリスト

床暖房 フラット35 ICAS 高品質塗料 LAN配線 血液 リフォーム エコヌクールピコ 外構 子供部屋 指紋認証 電力線通信 間仕切り 

RSSフィード
なかのひと
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。