ユニバーサルホームで家を建てることに。 家が建つまでの経過を日記書いていこうかな、と。 住宅設備やオプション、価格等について、調べていった事を他の方にもお裾分けできるよう頑張ります♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナショナルセンターにて パート2

さて、先日の続きでナショナルセンターに行って体験しながら決めてきた照明プランについて紹介してきます♪
次に見たところは階段の照明。
階段を模して何段かの階段が設けられており、そこにダウンライトやブランケット、フットライトが並んでいて、色々と組み合わせて点灯させて確認することができます。

まだ紹介していませんでしたが、階段照明として、入り隅タイプのブランケットを1つ踊り場に設置しようと考えていました。これを人感センサーで点灯させようと考えています。
ただ、気になっていたのは明るさの面です。明るさとして多分問題ないかなぁと思いながらも、下りの際に自分の影でステップが見え難くならないか?という点が判りませんでした。
担当者に聞いてみたら、ブランケットの横面からも光が出るタイプなので、1つだけでも問題ないレベルとの事。ただ、十分な明るさを求めるのであれば踊り場の両隅に設置する方が良いだろうという事でした。
とはいえ、うちでは2階廊下を人感センサーで点灯するようにしますので、2階から降りてくる際には必ずダウンライトが点いているはずです。その旨を伝えると、そういう事であれば明るさとして特に気になることは無いと思われるとの意見を頂きましたので、階段にはブランケット1つでいこうと思います。

一応、補助として階段にフットライトを設置するとどうか?という事を聞きましたが、階段を人感センサーで点灯させるのであれば、必ず階段では明かりが点くのでフットライトはほとんど目立たないだろうと伺いました。実際、設備で同じ状況を見させてもらいましたが、確かにあまり意味がないように思います。もし、フットライトに意味を持たせようとしたら、階段の両端に数段分設置するとかしないと、明かり補助としては意味がないという事でしたので、フットライトは不要と判断しました。
ちなみに人感センサーは階段登り口と降り口の2カ所に設置します。

次に、候補に入れている照明の実物を見に回りました。
玄関灯、リビング照明、和室照明、ダイニング照明、階段ブラケット、寝室照明と見て回ります。
その中で、ダイニング照明の6灯版を見て嫁が「やっぱりこっちの方がバランスが良い感じで良いなぁ。」と一言。
確かに4灯と6灯を比較すると、6灯の方がライトが綺麗に円形に並び、格好良いです。ただ、その分お値段が上がりますが…(-_-;
これについては、最終的に財布と相談して決める事とします。(^^;
LWC86355
思っていたより結構大きい印象を受けました。
これはフロート55というシリーズの1つなのですが、天井に広がる光というイメージがいまいち掴めていませんでした。
実際に見てみると、何となく雰囲気が掴めました。
(周りが明るいので展示場ではあまり目立ちませんでしたが)
HFA8276
HFA7547
和室はこれでいきます。
第一印象で決定♪
確かに6灯の方がバランスが良いんですよね♪ LB57643
LB87077
階段照明はこれ1つです。
上って正面左隅に設置予定です。
こいつは実物を見ると思っていたより格好良かったです♪ HFA8028

いやぁ、しかし実物を見ていると結構楽しいものです♪
自分がカタログ見て選んでいた物が、イメージより良い印象だとなんか嬉しくなってしまいます。(笑)

長くなったので、また続きます。(^^;


ランキングに登録しています。ポチッと応援頂けると嬉しいです♪にほんブログ村 住まいブログへ


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
住まいのコミュニティサイト House Park SNS(通称:Howpa)

ブログランキング

ランキングに登録しています。
励みになりますので、応援頂ける方は
バナーをクリック願います。
できれば両方♪(*^_^*)
にほんブログ村 住まいブログへ

検索フォーム
プロフィール

miya244

Author:miya244
勘と勢いで新築を目指すうつけ者です。
この行動が吉と出るか凶と出るか・・・

FC2カウンター
ブログスカウター

お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
リンク
こんなんどう?
月別アーカイブ
タグリスト

床暖房 フラット35 ICAS 高品質塗料 LAN配線 血液 リフォーム エコヌクールピコ 外構 子供部屋 指紋認証 電力線通信 間仕切り 

RSSフィード
なかのひと
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。