ユニバーサルホームで家を建てることに。 家が建つまでの経過を日記書いていこうかな、と。 住宅設備やオプション、価格等について、調べていった事を他の方にもお裾分けできるよう頑張ります♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最終(に近い)設計確認

もう先週の話になりますが、ユニバーサルホームでの打合せにて最終に近い設計確認をしてきました♪
「近い」というのは、まだ少し宿題を残しているので…(^^;
まぁ、上棟までを目安に決めてくれって事なので、も少し考えます。
メインの話は、電気図面関係でした♪
まずは照明関連。
照明については、ネットで安く仕入れられるので、基本的には施主支給で持ってくる想定でいましたが、相談したところ物によってはユニバーサルホームの側に物品支給も任せてくれってところがありました。
それは、ダウンライトやフットライト、センサースイッチ等については、後から製品に問題があると責任が曖昧になるからという理由でした。
う~ん、まぁそうなると双方嬉しくないので、ここは先方に合わせる事に。(^^;

センサースイッチについては、まだ電気工事屋さんに確認したい事があったので、機器選定が一部保留になっています。

その他、玄関ポーチや勝手口の電灯、階段ブランケットについては、照明コンセントにカチッってわけにはいかないので、物は施主支給するけど、設置工事はお願いする事にしました。

コンセント数については、だいたい各部屋2~3ヶ所となりました。
設置基準は、物を置きそうな壁面に対して2口コンセントを設置するようにしています。
私の場合、コンセントから電源タップや延長コードを長々床にはわせるのは嫌ですが、コンセントの近くで電源タップを置いて増やすのは抵抗ありませんでしたので、何かと電気機器が多くなるテレビ近くも2口コンセントでまかないます。(^^;

また、窓の大きさを2ヶ所変えたので、図面もちょっと変わってきます。
変えた1つは、キッチンのカップボード横にある縦滑り窓。
これ、長さが1100mm(床から900mm位置)だったのですが、カップボードの開口している棚の高さが1000mmです。
ちょうど窓のある位置あたりに何か棚を置こうとしていたので、棚が1000mmくらいになると窓とかぶってしまいます。(^^;
という事で、少し小さくして窓の高さを900mmにしてもらいました♪
いやしかし、図面見てるだけでは、そんなに大きいと思ってませんでしたねぇ。色々想像してみるものです。(笑)
(1つ1つ図面から雰囲気をイメージしていて気付きました。)

変えたもう1つは、以前カズニッキさんからのコメントに対して書いていたのですが、子供部屋の一部にエアコンを付けやすいよう掃出し窓の高さを1800mmにしていた点。
最終的に、これを2000mmに戻してもらいました。
やはり、外観上で気になるよねぇって嫁と話していたのと、発端となったエアコンについては、サイズの小さな物が増えてきているので、今後のコンパクトスリム化に期待しよう!という何とも勝手な結論で決定。(笑)
まぁ、それだけではなく、子供部屋を分割する壁をリフォームにより設けた場合は、壁面の補強さえしておけば追加壁に対してエアコンを付ける事も可能との回答をもらったというのもありますけどね。(^^;

今回は具体的な詰めなので細かいところばかりでしたが、この細かい点についてもこうやって書いているとどんどん文章が長くなるのは、それだけ家の建築が奥深いという事なのか?、はたまた単に私の文章が稚拙なだけなのか?と考えてしまいました。

多分、両方なんでしょうね…(-_-;


ランキングに登録しています。ポチッと応援頂けると嬉しいです♪にほんブログ村 住まいブログへ


スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する
住まいのコミュニティサイト House Park SNS(通称:Howpa)

ブログランキング

ランキングに登録しています。
励みになりますので、応援頂ける方は
バナーをクリック願います。
できれば両方♪(*^_^*)
にほんブログ村 住まいブログへ

検索フォーム
プロフィール

miya244

Author:miya244
勘と勢いで新築を目指すうつけ者です。
この行動が吉と出るか凶と出るか・・・

FC2カウンター
ブログスカウター

お財布.com - 無料で手軽に貯まる魔法のお財布
最近の記事
カテゴリー
最近のコメント
リンク
こんなんどう?
月別アーカイブ
タグリスト

床暖房 フラット35 ICAS 高品質塗料 LAN配線 血液 リフォーム エコヌクールピコ 外構 子供部屋 指紋認証 電力線通信 間仕切り 

RSSフィード
なかのひと
アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。